こんにちわ!あやぽんです。

世代がバレそうな話題ですがw

女性のみなさん、あなたはりぼん派?なかよし派?

私はどちらも愛読していましたが、そちらか選べと言われればりぼん派でした!

そんな少女漫画のりぼんですが、今年で60周年を迎え、そのイベントがなんとスカイツリー展望台で行われるそうです。

りぼんを読んで恋に恋した甘酸っぱい思い出のあるアナタ!是非行ってみては?

私も今から行きたくて行きたくてウズウズしています。

皆で行って「空キュン」しちゃいましょう!

 

 

スポンサードリンク

 

250万乙女のときめき回廊(スカイツリー)の紹介

りぼんで掲載されていた作品の名場面が蘇る天望シャトル(エレベーター)乗り、懐かしい少女時代を思い出しながら、地上445mの天望回廊に
到着すると、東京スカイツリーオリジナルの「りぼん」の表紙デザインによるフォトスポットが!!りぼんっ子なら是非ここで写メを撮りたいですよね!

窓辺の望遠鏡を覗くと・・・甘酸っぱい思い出とともにスカイツリーからの景色をバックに各作品のキスシーンが見える仕掛け!!

いやーん!絶対見たい!!、真壁くーん!蘭世ちゃーん!(見れるのかしら???)

漫画の世界に迷い込んだような体験ができちゃうそうですよ!
また、コミックスの表紙に入って写真が撮れるフォトスポットやAR(拡張現実)を活用したアプリでヒロインになりきれるドキドキな仕掛けもあり、ファンでなくても、恋バナ好きな女の子にとってはとってもキュンキュンする仕掛けで楽しめます!

空キュンしたあとは、スタンプラリーや各作品を表現したオリジナルカフェメニューも食べれちゃう?!

これはもう行くしかないです!

 

 

 

250万乙女のときめき回廊の開催期間は?

2017年1月9日(月・祝)~3月31日(金)の間、開催されるそうですよ。

ただスカイツリーから景色を眺めるのも良いですが、こういったイベントが絡むとまた楽しいですよね!

 

 

スポンサードリンク

 

250万乙女のときめき回廊へのアクセスは?

電車だと、東武スカイツリーライン「とうきょうスカイツリー駅」または半蔵門線「押上(スカイツリー前)駅」がとっても便利です!

また墨田区巡回バスや都バスも便利です。

亀有や新小岩からだと京成バスのスカイツリータウン前、浅草雷門へいくバスで楽々です♪

 

 

250万乙女のときめき回廊混雑状況は?

土日のスカイツリー展望台は結構混むので、かなり混むと思われます。

しっかり予約をしていった方が良いと思います。

お得にいくなら朝割を利用するのも手ですよね!

 

 

250万乙女のときめき回廊(スカイツリー)を調べてみて

250万乙女のときめき回廊(スカイツリー)について書いてみましたがいかがでしたか?

ちなみに私のイチオシはときめきトゥナイトと有閑倶楽部です。

そして一言いいたいのはなぜ、ポニーテール白書と星の瞳のシルエットがないんだーーーーー!

まぁ、同じ世代の作品ばかり集めちゃうと見に来る人も限定されちゃいますよね^^;

 

というわけで、あやぽんは予約入れようと思います。

皆さまもよければ是非甘酸っぱい思い出を体験しに250万乙女のときめき回廊に行ってみましょう♪

 

スポンサードリンク