こんにちわ!あやぽんです!

先日ニンテンドースイッチが発売されましたね。予約が開始されたときはスゴイ騒動になってました。

我が家も買おうかな?と思ってはいたのですが、実際に遊んだ方の口コミなどを確認してから購入を決めようと思います!

そんなニンテンドースイッチですがソフトが苦いということをご存知ですか?

私は良く知らなかったのですが、なんで苦いのか気になるので調べてみることにしました!

 

スポンサードリンク

 

ニンテンドースイッチのソフトが苦い理由は?

ニンテンドースイッチのソフトが苦い!と世界中で食レポをしてくれる方々が今むっちゃ多いですよね!

なんでソフトが苦いんでしょうか?

 

理由を考えてみましたが、おそらく誤飲防止なんじゃないかなーと思います。

 

 

小さいお子さんがいるご家庭では良くお分かりだとは思うのですが、小さい子って何でも口に入れたがるんですよね。

うちの子が1歳~2歳の頃、よくおもちゃなんかを口に入れてたりしました。

 

 

大きい物ならまだいいんですけど、例えばスーパーボールみたいなものだとのどに詰まって大変なことになるんですよね。

我が家でもスーパーボールなど誤飲の可能性のあるものは、かなり大きくなってから与えるようにしました。

 

小さい子はおそらく苦いと二度と舐めませんw

 

誤飲しないように考えてくれている製品だと安心できますよね!

 

小さい子がいる家庭だとこういう点はとてもうれしいです。

 

スポンサードリンク

 

 

ニンテンドースイッチの苦み成分は何?

ニンテンドースイッチのソフトの苦みの理由については分かったのですが、その苦み成分が安全なのかどうかが少々気になりますよね。

 

実はニンテンドースイッチのソフトに塗られている成分名なんですが、

 

デナトニウムベンゾエイトという成分なんだそうです。

安息香酸デナトニウムとも呼ばれるそうです。

 

結構苦みが口に残るそうなんですが安全な成分と言われています。

 

勿論日本で食品添加物として認められている成分ですね。

 

ではこの成分って実際に使われているものってあるんでしょうか?

このデナトニウムベンゾエイト、安息香酸デナトニウムが使われている商品について調べてみました。

 

 

ニンテンドースイッチソフトと同じ苦み成分が使われている物は?

 

このデナトニウムベンゾエイトが使われている製品ですが、有名どころでは、リカちゃんの靴なんかにはこの成分が入っていて、誤飲防止に役立っているようですよ。

 

またちょっと違うものですが、爪を噛むクセなどがある方にオススメなのがバイターストップというマニキュアですね。

 

 

これは指しゃぶりや爪噛みのクセで悩んでいる方が良く使うマニキュアなんですよ。

この苦み成分にもニンテンドースイッチと同じデナトニウムベンゾエイト、安息香酸デナトニウムが使われているそうです。

ちなみにこのマニキュアはアマゾンや楽天でも購入できます。

 

 

こんな商品まで出てるんですね~、ビックリです。

 

ニンテンドースイッチのソフトが苦い理由や成分名、安全性について調べてみて

 

今回ニンテンドースイッチソフトの苦み成分について調べてみましたが、ニンテンドースイッチ以外にも、このデナトニウムベンゾエイトの苦み成分が使われているものがあったという事が驚きでした。

 

やはり小さいお子さんの誤飲事故って結構あるんでしょうね。

 

小さいお子さんの気管って結構細いので、大人が小さいと思っていても子供が飲み込むと、窒息してしまう恐れもあります。

 

我が家の場合は、そのような事態には今のところなったことはないのですが、かなり小さいおもちゃに関しては神経質に選んでます。

 

おもちゃだけでなく、ミニトマトやゆで卵なんかも結構我が家では気を付けてますね。

 

今回ニンテンドースイッチに苦み成分が入っているということで、少なくとも小さいお子さんは舐めて呑み込んじゃうということはないんじゃないかなーと思いました。

 

是非これからもニンテンドーさんには安全なゲームを作ってほしいな~と思いました!

 

スポンサードリンク