こんにちわ!あやぽんです!

子供がインフルエンザにかかっているのですが、熱はすっかり下がってしまったようで、かなり退屈しているようです。

まぁ、しょうがないですよね。

 

ところで、今日、水トク!「独占初公開!海の死闘 知られざる海上保安庁」という番組がTBSで放送されます。

海上保安官って海猿とかの人ですよねぇ~!あの人達ってたしか公務員なんですよね!

なんだか海上保安官の年収とかお給料とかが気になったので調べてみることにしました!

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

海上保安官の給料や年収はいくら?

 

海上保安官は、国家公務員になるのですが、その中の「公安職」にあたります。

公安職というのは、検察庁,公安調査庁,少年院,海上保安庁等に勤務する職員のことです。

国家公務員の事務員と比べると給与が12%ほど高いです。

また、海上勤務の場合には特別に手当が支給されるんだそう。

 

よくテレビなどでみる海上保安官のお仕事って結構大変そうですよね。命に係わるお仕事も多そうですし。

特別手当というのは、危険手当にあたるのかもしれませんね。

 

平均年収は42歳で約690万円、平均給与は約42万円と発表されています!

ボーナスも支給され、毎年6月と12月に出るのだそうです!

また、扶養家族がいる場合は、扶養手当も勿論支給されますよー!

 

また、海上保安大学校という学校があるのですが、海上保安庁の幹部職員の育成のために設置されている学校、海上保安学校は、海上保安業務に必要な知識・技能を身に付ける学校です。

海上保安大学校も海上保安学校も入学すると、その時点で国家公務員として採用されたことになるんですね。

その為、毎月約14万円が支給されるんだそう。

 

たしか、防衛大学なんかもこんな感じだったよなーと思ったのですが、いま気になって調べてみたら、やはり防衛大学校も入学したら国家公務員として採用ということになるようで、最近では任官拒否などでも話題になっていますよね。

 

話を戻しますと、海上保安学校新卒者の初任給(巡視船勤務の場合)なのですが、海上保安学校卒の場合は197700円+諸手当等、海上保安大学校卒の場合は237100円+諸手当等 程度になるそうです。

 

諸手当等がいくらになるのかなーというのが気にはなりますが、一般企業からかけ離れた金額ではなさそうですね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

高卒や階級で収入格差は?

 

高卒で海上保安官なれるのか??というよりは、海上保安大学校か海上保安学校入学=国家公務員採用されるという事みたいですね。

 

海上保安官は、警察官もそうですが、階級で分けられているそうです。

海上保安大学校卒だとスタートが「三等海上保安正」という階級になりますが、海上保安学校卒の階級は「三等海上保安士」からスタートになります。

つまりスタートが違うという事になります。

 

海上保安大学校は海上保安官幹部を養成するのに対し、海上保安校は海上保安業務に必要な知識・技能を身に付けるのが目的なので、微妙に違うんですよね。

 

要は幹部を育てる学校と、知識と技能を身に付ける学校かということです。

 

どちらの学校も高校卒業後に入学することができる学校ですが、

 

中には35歳男性で海上保安大学校出身の方だと年収が800~900万円という方もいるようですね。

 

ちなみに海上保安大学校の倍率は7~11倍ぐらいになるそうです。

私今回調べるまでそこまで人気があったとは思いませんでした。

 

 

海上保安官の給料、年収について調べてみて

海上保安官のお給料や年収について調べてみたんですが、結局階級などでお給料は違ってくるようです。

 

そして海上保安大学校と海上保安学校は高校卒業後に入学できるのですが、卒業後の階級がそもそも違うんですね!

まぁそれぞれ目的が違うようですしね~。

 

ちょっと前に海猿という漫画やドラマが注目されてかなり有名になった感じはあったのですが、まだまま知らない事だらけだなと感じました。

 

ちなみに海猿のラストの修了証を受け取るシーンでは
仙崎さんは一等海上保安士

三島さんや川口さんは三等海上保安正だったようですよ~!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

スポンサードリンク