こんにちわ!あやぽんです!

さっき、知ったのですが、トランプ米大統領が、次期の駐日大使にウィリアム・ハガティ氏を正式に指名したんだそうです。

こういう風に書いていると君、ハガティさん知ってるんか?!って言われそうですけど全く存じ上げません^^;

 

というわけでハガティさんについて調べてみることにしました。

 

 

スポンサードリンク

 

 

ウィリアム・ハガティとは何者?経歴など調べてみた

 

ウィリアム・ハガティさんとは何者なんでしょうか?

まずはお決まりですが、プロフィールを書いていきますね。

 

ハガティさんのお名前なんですが、「ウィリアム・フランシス・”ビル”・ハガティ」というそうです。

英語表記では、William Francis “Bill” Hagerty IVですね。

1960年生まれのおじさんです。

出身大学はヴァンダービルト大学、この大学は「南のハーバード」と言われるほどの大学なんだとか。やっぱり優秀だったんですねー。

 

実は、ハガティさん、投資会社のハガティ・ピーターソン社創業者であり取締役なんですね。

ご出身はアメリカ合衆国テネシー州ナッシュビル出身です。

 

地図で見てみると、

なるほど、全く持って合衆国のどのあたりかわかりませんw

 

 

テネシー州といえば、ホント素人根性なんですが、テネシーウイスキーですよねえ。

ちなみにテネシー州を調べてみたら、南北戦争というキーワードが引っかかってきます。

アメリカ合衆国とアメリカ連合国との間で行われた戦争で、奴隷制存続を主張するアメリカ南部諸州のうち11州が合衆国を脱退し、アメリカ連合国を結成し、合衆国にとどまった北部23州との間で戦ったんだそうですね。

 

なんか世界史とかでちら~っとやった記憶があるのですが、もう頭の記憶からは抜け落ちておりました・・・。

 

話がそれてしまいましたが、そのハガティさんは、親日家という事みたいで、日本とアメリカとの関係にも大きくかかわってくるんじゃないかなと。

 

ハガティさんは投資会社をやっているので、ビジネス面ではもちろん、それ以外も政治活動もバンバンやっていたみたいです。

実はジョージ・W・ブッシュ大統領(ブッシュ息子の方です)の経済顧問を務めていました。

また、ミット・ロムニー国家財務委員長の2008年のアメリカ大統領選挙を応援したり、そしてドナルド・トランプの大統領選挙においては政権移行チームの政治任用担当だったようです。

政治任用担当ってどういうことをするんでしょうか?

 

政治任用制という言葉で調べてみると、政府機関の要職について政治家である任命権者の裁量により、専門的な政策能力や政治的忠誠心などに基づき任免することを政治任用といい、そのような制度を政治任用制というそうですね。

 

但し、アメリカの場合は米国公務員倫理室規定では、「大統領、副大統領、政府機関トップによって任用された雇用者」と定義されているようですね。

 

またまた、話が・・

 

ハガティさんはあの有名なコンサルティング会社「ボストン・コンサルティング・グループの上級駐在員」として実は東京に3年間滞在していたことがあったそうな。

 

ハガティさんの経歴や政治活動をみてもまぁ、凄い人なんだろうなとはおもうのですが、やはり駐日大使となると、日本に滞在経験があるということも大きな要因になりそうですね。

 

ちなみに、ご結婚もされていて奥様のお名前はクリッシーさん、お子さん4人もいますよー。

 

 

スポンサードリンク

 

 

ケネディとの関係はどうなの?

ケネディさんと言えば前任の駐日大使ですよね。

引継ぎとかあるんでしょうか?

 

実はケネディ駐日大使はトランプ大統領が就任してとっくにアメリカにかえってるんですよね。

当たり前っちゃ当たり前なんですけど。

 

ケネディさんといえば、元大統領の長女として知名度が高く、親しみやすさも抜群で結構人気ありましたよね。

 

結構ノリのいいところもあって、恋ダンスも話題になってましたね。

日本のお偉いさんは絶対やらないよなー。

 

直接知り合いとかではないのかもしれませんが、アメリカのほうで引継ぎはあったのかもしれませんね。

 

 

 

ウィリアム・ハガティ氏の赴任時期はいつ?

ハガティさんの赴任時期はいつなんでしょうか?

 

まだいつ赴任するのかは発表されていないようですね。

 

日本に赴任するときは家族全員で赴任されるのでしょうか。

 

お子さんも4人いるとのことなので、どんなお子さんなのか楽しみですよね。

 

ウィリアム・ハガティさんについて調べてみて

 

今回駐日大使になるハガティさんについて調べてみました。

 

ビジネスマンとしてかなり成功されている方ですが、駐日大使としての手腕はどうなんでしょうか。

 

交渉にたけた人物ということなので赴任後に期待ですね!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

スポンサードリンク