こんにちわ!あやぽんです!

今日の夜ご飯どうしようか悩んでいます。昨日はかに玉にしたんですけど今日はなんか肉肉しいものが食べたいなーと考えています^^;

 

ところでさっきお昼ご飯を食べていた時にむっちゃ恐ろしいニュースを観てしまいたした。

私が世の中で一番苦手な生物、ゴキブリなんですけど北海道大学がゴキブリの単為生殖が確認されたらしいのです!

 

いやーマジがー。女性だけでなく男性でもゴキブリが苦手な方多いはず。

飛び掛かってくることもありますよね・・・。

 

話聞いたとき、リアルテラフォーマーズか?!と思いましたよ。

 

そこでこのゴキブリの研究で、北海道大学がどういった研究をしたのか?今後の駆除方法などを調べてみます。

 

 

スポンサードリンク

 

 

ゴキブリの繁殖には雄はいらない?北海道大研究の発表ってどんなの?

 

いやー、この話を書きながらぞぞぞ・・・・っとしています^^;

 

全国に分布するワモンゴキブリは雌だけで3匹以上いると、雄と交尾せずに子孫を残す「単為生殖」が促進されるとする実験結果を、北海道大の研究チームが13日発表した。単為生殖できる他のゴキブリも同様の性質をもっている可能性がある。動物学専門誌に掲載された。

引用:http://mainichi.jp/articles/20170313/k00/00e/040/183000c

これ、やばくないですか―???

 

ゴキブリって結構強いって聞いたことがあったんですが、メスだけで3匹以上いると雄と交尾しなくても子孫をのこす単為生殖(たんいせいしょく)が進むんだそうです。

これは恐ろしすぎます。

 

 

スポンサードリンク

 

 

単為生殖できる生き物ってほかに何がいるの?

 

ゴキブリが単為生殖できるということは、他の生物でもいるはずと思い調べてみました。

 

単為生殖できる生き物には、ギンブナ、シュモクザメ(有性生殖もあり)、オガサワラヤモリ、コモドオオトカゲ(有性生殖もあり)、七面鳥(有性生殖もあり)・・・結構色々あるんですね。

 

なんか、うろ覚えでカクレクマノミってどうだったけか?と思い調べてみたら、単為生殖ではなく、性転換するんだそうですね。

集団の中で一番大きいものがメス、次に大きいものがオスになるんだそうです。

 

こうやって環境に合わせて少しずつ変えて行けるのならゴキブリが環境に合わせて単為生殖可能というのはありえるんじゃないでしょうか?

 

 

ゴキブリの単為生殖によって駆除方法は変わる?

 

ゴキブリの単為生殖については理解できたのですが、そうなると、今後ゴキブリの駆除方法って変わってくるのでしょうか??

 

害虫駆除の方法として、雌のフェロモンで雄を引きつけて駆除し、繁殖を妨げる方法があるそうなんですが、ワモンゴキブリは雌雄両方の駆除を徹底しないと効果が少ないそうです。

 

ゴキブリって殺虫剤が進化し過ぎて、殺虫剤が効かなくなっているというのを噂程度で聞いたことがあったんですけど、実際はどうなんでしょうか?

 

毒餌なんかも初めは食べるそうだけど、そのうち食べなくなるっているのも聞いたことがあります。

 

そう思えばスゴイ適応力なんですよねー。

 

結局は、ゴキブリホイホイが一番いいのかなーと感じてしまいました。

 

我が家では、昔、ゴキブリの効果的な駆除方法みたいなものを読んだことがあって、毒餌とゴキブリホイホイを設置して対応しているんですが、ここ5年ぐらいは見てないですね。諦めてくれたのかしら・・・・。

 

 

ゴキブリの繁殖には雄不要?北海道大の発表や駆除方法について調べて

 

今回ゴキブリの単為生殖について知って駆除方法などすごく不安になって色々調べました。

調べているとゴキブリの画像が結構出てくるのですが、ほんと苦手です~・・・^^;

 

でもそんなゴキブリももともとはカブトムシとかとおなじような生活をしていたみたいですね。

 

元の生活に戻ってほしいな~と密かに思っているあやぽんでした。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

スポンサードリンク