こんにちわ!あやぽんです!

 

中学受験をすると決めたら、避けて通れないのが、学校説明会や見学会、そして入試説明会です。

一見どれもさほど変わらないような気がしないでもないのですが、中身ってどう違うんでしょうか?

 

私が実際に参加してみて感じたことをかいていきたいと思います。

 

 

入試説明会って?

入試説明会とはそのままなんですが入試に関する説明会です。

入試説明会は、どこの学校も秋ごろから始まります。

学校に寄りますが、予約が必要な学校や、複数回説明会をやってくれるところもあります。

また、入試説明会のときに見学会や模擬試験をやってくれるところもあるみたいですね。

 

入試説明会の時に合わせて大概の学校が入学願書を配布したり、販売したりします。

 

なので、6年生のお子さんを持つ親にとっては結構重要なんですよね。

 

それ以外にも行った方が良い理由があります。

 

というのがですね、入試説明会では、入試にどういう問題が出るのかを「ここまで言うのか?」というぐらい説明してくれる学校もあるんですよね。

 

初めて入試説明会に行ったのが4年の時なんですが、その時の衝撃は今でも覚えています。

 

某中学校にいったときは、理科の先生が「合格したお子さんと不合格だったお子さんの違いは、理科の場合だと、計算問題が取れたか取れてないか?でした」とおっしゃってました。

 

また違う学校では、いつもはこの分野を出していたのですが、今年は○○を出しますとか教えてくれたり。

 

 

最近は、ネット出願の学校が増えているので、入試説明会に行かなくても受験可能です。

 

ですが、やっぱり入試説明会に直接足を運んでいかなければもらえない情報もあるので、受験する学校の入試説明会には行った方がいいと思います。

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

学校説明会(見学会)との違いは?

学校説明会(見学会)って何?

学校説明会=学校の特色や設備、などなど、学校に関することの説明会です。

学校説明会でいわゆる「校風」がうちの子にあっているか?また、学校説明会で同時に体験授業なども行っている場合があるのでそういうイベントに参加して、自分の子と学校のマッチング度をはかる場だと思います。

ここでうちの子には合わないな~と思ったら入試説明会には行きませんよね。

 

入試説明会は、当たり前ですが入試に関する説明会、勿論校風や設備についてもサラッと説明がありますが、そこの部分は分かった上での入試説明会だと思います。

合格後の手続きに関しても説明がありますよー。

とにかく、わからない事などがあれば質問した方がいいと思います。

また、いくつかの学校の入試説明会を4.5年の頃から参加していますが、他の人の質問が意外に参考になります。

是非、耳をダンボにして聞きましょう!

 

 

スポンサードリンク

 

 

入試説明会と学校説明会(見学会)の違いのまとめ

入試説明会とは?

→入試、受験に関する説明会。

主に願書や出願について、入学費用などについても。

願書配布や願書販売もある。

学校によっては、詳しい出題傾向についても説明がある。

受験する学校の入試説明会はなるべく出たいところ。

 

 

学校説明会とは?

→学校の校風、設備、授業見学など、学校を知ってもらう為の説明会。

クラブ見学やクラブ体験会、中には併設の食堂の食事付という所もあった。

予約制のところが多い。

 

 

入試説明会と学校説明会の違いは?

→入試説明会は入学試験に直結してくる内容、学校説明会は学校を選ぶための情報を提供している場と考えていいと思う。

 

 

 

 

大体私が思う入試説明会と学校説明会(見学会)のちがいはこんな感じかなと。

 

私立中の文化祭も学校を選ぶためには重要だとは思うのですが、親としては、普段の学校を見たいんですよね。

文化祭にいったら、どこの学校の生徒さんもすごく楽しそうなので。

 

文化祭は非日常、ということを分かって見に行った方が良いと思います。

 

学校選びの参考になればとても嬉しいです!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

中学受験の倍率についてはコチラ

進学フェアや説明会見学会記事はコチラ

 

 

 

スポンサードリンク